冷房・・・

こんにちは

梅雨が明け暑さがさらに厳しくなりましたが、皆様お身体の方はいかがですか??

さて今回は、暑い日には必ず使ってしまうエアコン(冷房)についてお話します。

エアコンのきいた部屋にいると、「ちょっと肌寒い」と感じることがありますよね

そうした状態を長時間、あるいは毎日のようにつづけていると、体は大きなストレスを受け、
体が冷えると体温を逃がさないように、血管を収縮させます。
そのため血流が悪化し、冷えなどの症状が起こります

その状態がつづくと、体温調節が上手にできなくなってしまい、
汗もかきにくくなり、汗をかかないと乳酸などの疲労物質が体内にたまるため、
全身のだるさや疲れやすさ、さらには夏バテの原因にもなります

またエアコンのきいた場所と、猛暑の外とのあいだをくりかえし出入りしていると、
胃腸の働きやホルモン分泌の調整などもうまくできなくなり、全身にさまざまな症状
(冷え性)が起こってくるのです

冷えをもっとも感じやすいのは足先で、
エアコンの冷気が床近くにたまることと、
足先は心臓から遠いため血液の流れが悪くなり冷えやすくなります。

仕事中でも1時間に一度くらいは席を立ち、少し歩いたり、
軽い屈伸運動をして、足先の血液の流れを改善しましょう
席を立てない場合は、つま先とかかとを交互に上げ下げするだけでも、
ポンプのような働きで血流がよくなります

日頃からよく歩くことも大切で、ウォーキングをしていると、
足の筋肉が適度に刺激されて血流がよくなるので、
足先も冷えにくくなります

また、入浴も冷え性の予防に効果があり、
夏はついシャワーだけで済ませたくなりますが、お湯につかると
足が温まるだけでなく、水圧によって血流もよくなります
お湯のなかで、ふくらはぎを軽くマッサージすると、効果が一層高まります。
お湯の温度は低めにし(少しぬるいと感じる程度)、ゆっくりつかるほうが、
湯冷めによる体温の低下を防ぐことができます

上記の事に気をつけながら暑い夏を乗り切りましょう
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

冷房

**************
小田急線百合ヶ丘駅から徒歩3分、新百合ヶ丘駅から徒歩12分.
~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~.
腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正などもお任せください.
にこゆり整骨院
川崎市麻生区百合丘1-18- 15 百合サロン1F
tel 044-567-2707.
**************

2014年8月2日12:11 AM